junjunのブログ

computer, hiphop, programming, etc....

Windows10 & ubuntu16.04LTSのデュアルブート(メモ)

手順

1. 高速スタートアップ無効

コントロールパネル -> ハードウェアとサウンド -> 電源オプション -> 電源ボタンの動作を選択する -> 電源ボタンの定義とパスワードの保護の有効化にある現在利用可能でない設定を変更しますをクリック -> 高速スタートアップを有効にするのチェックを外す -> 変更の保存

 2. windowsドライブ縮小

「コンピュータの管理」 -> 記憶域 -> ディスクの管理 -> Cドライブのボリューム縮小

 3. ubuntuダウンロード

ubuntuのisoをダウンロード.公式サイトより

www.ubuntu.com

4.  usbをfat32でフォーマット(DVDに書き込む場合省略)

usbをfat32でフォーマット.usbのサイズが大きいとエクスプローラーの標準フォーマットは使えないので,その都度フォーマットソフトをインストール.

 5. UNetbootinでusbにLiveCDを書き込み or エクスプローラーからLiveCD作成

UNetbootinをインストールして,先ほどフォーマットしたusbに書き込む.

または,CD又はDVDを挿入し,エクスプローラーから右クリックからイメージの書き込みを選択.

 6. windowsを再起動しbios

再起動し,biosへ.その後bootの優先順位を変更する.設定を保存,再起動.

7. ubuntuのインストール

try ubuntu without installを選択.

無線 or 有線でネットに接続.

デスクトップ上にあるインストールアイコンをクリックして,ubuntuをインストール.

インストールの種類では,それ以外をクリックする.

先ほど縮小した空き領域を選択して[+]を選択.

「サイズ」 -> 4GB程度

「新しいパーティションのタイプ」 -> 論理パーティション

「新しいパーティションの場所」 -> この領域の終点

「利用方法」 -> スワップ領域

OKで,スワップ領域を確保

残りの空き領域は,

「サイズ」 -> 残り全部

「新しいパーティションのタイプ」 -> 基本パーティション

「新しいパーティションの場所」 -> この領域の始点

「利用方法」 -> ex4ジャーナリングファイルシステム

マウントポイント -> 「/」

そして,

ブートローダをインストールするデバイス -> 搭載されているSSDもしくはHDD(sda)

インストールをクリック

 

あとは再起動したら,ブートローダによりOSの選択画面が表示

 

されるはず